おすすめサイト新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

和歌山に日本一短い川が誕生 13・5メートルのぶつぶつ川

日本一短い川が誕生-。和歌山県は21日、那智勝浦町にある長さ13・5メートルの「ぶつぶつ川」を2級河川に指定した。法律で定められた河川では、北海道島牧村のホンベツ川(全長30メートル)を抜いて“日本一短い川”になった。
 ぶつぶつ川は粉白川に流れ込む支流。地下水源からふつふつと水がわき出ることから名付けられた。地元の人が野菜や魚を洗ったり、飲み水として利用してきたという。
 ぶつぶつ川を管理していた那智勝浦町が今年7月、県が管理する2級河川への格上げを要望。県は、水質や景観を保全するため指定した。
 県は「日本一の川としてPRし、観光名所になってくれれば」としている。


ソースはこちら
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/54788

13.5メートル微妙な長さですね。
電車1両が20メートル。
バスが大体12メートル。
まぁ、バスよりちょいと長いぐらいですね・・・
うわっ、川にしては短いよ!!

日本一長い川は
「信濃川」
さすがです、名前の響きも重厚ですよね。
では、日本一短い川は
「ぶつぶつ川」
・・・ぶつぶつ?
日本一にしてはちょいと残念です。
ふつふつと水が湧き出ているのなら
そのまま「ふつふつ川」のほうが音感もいいのでは?

県は観光名所としてPRしていくみたいだけど
はたして観光客は来るのかな?
名所にしては大きさ13・5メートルしかないし
観光バス1台きたらお客で溢れかえっちゃうんじゃない?

rozanodaibutu.jpg


 ↑台座も含めて高さ13.35メートル

「ポチッ」とな
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ


「My Mini City」やってます。
まだまだちいさな村です。


ブログパーツ

関連記事
ヒトの先祖はナメクジウオだった
シャチの「クー」ちゃん、ご機嫌斜め
電車ノロノロ…でも苦情なし
河川敷で車中仮眠、車ごと川に流される

スポンサーサイト
ほのぼの | 【2008-10-21(Tue) 13:14:54】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

迷子のインコが住所を説明 13日ぶり「自宅」に戻る

千葉県流山市の路上で今月6日、警察官に“迷子”として拾われたインコの1種「ヨウム」が、住所などを正確に話したことがきっかけで、13日ぶりに市内に住む飼い主の元に戻れたことが21日、分かった。
 流山署によると、ヨウムは保護された市内の動物病院で、飼い主が付けた「ナカムラ・ヨウスケ・クン」という名前や「ナガレヤマシ…」と住所を番地まで正確に話したり、歌を歌ったりしたという。
 千葉市動物公園によると、ヨウムはアフリカに生息する鳥で、比較的上手に言葉をしゃべることからペットとして人気があるという。


詳細はこちら
http://www.sanspo.com/sokuho/080521/sokuho020.html

うわっ、インコちゃん頭いいんじゃないの!!

もしかしたらそこら辺のおじいちゃんやおばあちゃんよりも賢いかもね。

しかしインコちゃん。
君はせっかく檻のなかから抜け出し、自由を手に入れたというのに
自らその権利を放棄するとは何事か!!

まぁ、警察官に迷子として拾われる時点でダメダメなんだけど。

でね、このインコ警察に保護された時、扱いは
「迷子」なんですね。

家の犬が脱走して警察に保護された時は
「落とし物」でしたよ。



「ポチッ」とな
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ


「My Mini City」やってます。
まだまだちいさな村です。


ブログパーツ





ほのぼの | 【2008-05-21(Wed) 22:59:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

シャチの「クー」ちゃん、ご機嫌斜め

名古屋港水族館(港区)の雌のシャチ「クー」がここ数日、不機嫌だ。5日は飼育員の指示をまったく聞かなくなり、予定していたトレーニングが中止に。6日は何とかこなしたが、気乗りしないのか本調子ではなかった。
クーは6週間に1週間ほど機嫌が斜めになる。当初は「何が原因なのか」と飼育員を悩ませたが観察の結果、性周期が関係していると分かった。


詳細はこちら
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080407/CK2008040702001589.html

海に住むけどシャチもほ乳類。
「クー」ちゃんも女の子だし、不機嫌な日もありますよ。
ここまであからさまに不機嫌になると、ちょいと症状が重いのかもしれないね。

いつも仲良しのイルカちゃんも
「クー」が不機嫌な時は近づかないんだと。

まあ人間でも分かる位ですから、イルカならなおさらね・・・

ちなみに、名古屋港水族館の「クー」は
クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属のシャチで
影山民夫の「遠い海から来たCOO」の「クー」は
爬虫類双弓類プレシオサウルス上科プレシオサウルス科のプレシオサウルス。
まったく別物なので、注意するように。


qoo.jpg

  これも別物。
  ちなみに体重はスモモ3個分。

「ポチッ」とな
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ


「My Mini City」やってます。
まだまだちいさな村です。


ブログパーツ





ほのぼの | 【2008-04-08(Tue) 21:26:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ドクター・中松氏が4人乗り自転車発表

発明家ドクター・中松氏(79)が6日、安全な4人乗り自転車「ドクター・中松SAFEOUR(セーフォア)」を発表した。

セーフォアは全長280センチ、最大幅115センチ、重量163キロの3輪アシスト自転車。水の入った容器が並ぶ二酸化炭素(CO2)を排出しないナゾの発電装置「ECREC(エクレク)」(5月に理論を発表予定)によって得たエネルギーで推進力を補助するハイテク自転車だ。

 中松氏は「世界初の水で動く自転車」として紹介。「重心も低く倒れないのでお母さん方、子どもも安全。」と話した。


詳細はこちら
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20080307-332301.html

すごいですね、自転車なのに4人も乗れますよ。
フェラーリなんて車なのに2人しか乗れないのに。

でね、気になるのはこの自転車大きさですよ。
全長280センチ、最大幅115センチといえば、ハーレーよりも大きいよ!!
だいたい、ダイハツのミゼットIIと同じくらい。(ちなみにこれは一人乗り。)
              
う~ん、自転車にしては大きすぎではないですか?
駐輪場に止められませんよ・・・

しかもこのサイズだと歩道走れません。
車道を走るしか無いですね。
(まぁ本来は自転車って車道を走るものなんだけど。)

バイクよりも大きいサイズで車道を走る。
これはなんだか危険なような気がしてきたよ・・・
倒れる心配は無く安全だけど、事故に遭う可能性は高く危険なような・・・

それにしても、少子化が叫ばれているこの日本。
果たして3人兄弟の家庭がどのくらいあるのでしょうか?
最近あまりいないと思うんだけど・・・
需要があるのかしら・・・?


      ダイハツ ミゼットII ↓
10504004_199810.jpg


今回はナゾの発電装置「ECREC(エクレク)」については
あまりに謎すぎるので、触れるのやめました。

気になるんだけどね。
 
「ポチッ」とな
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ

「My Mini City」やってます。
まだまだちいさな村です。


ブログパーツ





ほのぼの | 【2008-03-07(Fri) 21:40:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

電車ノロノロ…でも苦情なし

【山梨】都留市の富士急行線禾生(かせい)-赤坂駅間で10日、犬が線路に迷い込むハプニングがあった。警笛を鳴らされても犬は動じることなく線路上を歩き続け、電車が徐行運転で追いかけるはめに。同電車を含む計2本が15分遅れたが、居合わせた乗客はめったにない出来事に大喜びだったという。

 同社によると、10日午前11時20分ごろ、大月発河口湖行き下り普通電車が禾生駅に到着する手前で、運転士が線路上に犬が迷い込んでいるのを発見した。

 犬は柴犬に似た雑種。警笛を鳴らされながらもトボトボとマイペースを貫き、巨大な電車を引っ張るかのような小型犬の姿に、乗客から笑い声が上がり、車内はほのぼのとした雰囲気に包まれた。犬は首輪をしており、禾生駅から約1・2キロほど歩いて線路を外れ姿を消した。飼い主は分かっていない。

 遅れた2本には約150人が乗っていたが、苦情は一切なかったという。同社は「とはいえ電車が遅れたのは事実で、丁重におわびしなければ」と話している。【宇都宮裕一】


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080211mog00m040010000c.html



のどかな話ですねぇ。

しかしこの光景、見てみたかった。
まずは外側から、犬の後ろをノロノロ走る電車の姿。
次は電車の中から、トボトボ歩く犬の後ろ姿。
でも一番見たいのは
運転席の後ろでかぶりついて見ている、大勢の人たち。
たぶんほとんどの乗客が集まってたんじゃないの?

・・・電車前につんのめるよ。

でも、この物語(?)の主役である犬ちゃん。
ちゃんと飼い主の所に帰れたのでしょうか・・・?

まさか保健所のお世話にはなっていないよね。



      (写真はイメージです。)

「ポチッ」とな
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ

「My Mini City」やってます。
まだまだちいさな村です。


ブログパーツ





ほのぼの | 【2008-02-12(Tue) 11:19:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 今日の一押しおもしろ(お馬鹿な)ニュース All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。